女性

エストロゲンが体調維持に役立つ【効き目のある方法を実践しよう】

血圧と自律神経

栄養補助食品

血圧と自律神経

血圧と自律神経について。血圧と自律神経には深い関係があり、自律神経が乱れると、結果的に高血圧を招く場合があるのです。その対処法とメカニズムについて説明いたします。まず対処方法について。自律神経を整えて、高血圧を防ぐためには、腸内環境を整える必要があります。腸内環境を整えるためには、乳酸菌や納豆菌のサプリメントを摂取すると良いでしょう。サプリメントであれば、発酵食品に含まれる塩分・脂質・コレステロールなどを気にしなくても良いですし、一包で多くの乳酸菌を摂取できるため効率が良いのです。また発酵食品の多くは長期間の保存が難しいですが、サプリメントであれば保存も簡単です。継続性やニオイの観点からも、サプリメントのメリットは大きいでしょう。

自律神経とストレス耐性

次に自律神経を整えて高血圧を防ぐために、そのメカニズムについて説明いたします。なぜ自律神経を整えると高血圧が防げるのでしょうか。それは自律神経を整えるために、副交感神経が働くからです。副交感神経は心身をリラックスさせる効果がありますが、リラックスすると心臓が呼吸を整えるため、血管の収縮を和らげます。それが血の巡りを良くするので、高血圧を防ぐためにはリラックスが必要なのです。またリラックスすることで、腸内環境が整えば、血液が酸化するのを防ぐことが出来ます。血液は酸化することでドロドロとなるため、心臓がそれを押し出すのに強い力を使います。それが原因で高血圧になるのです。高血圧を避けるためには、乳酸菌・納豆菌サプリメントを摂取して、腸内環境を正常化し、自律神経のバランスを整えることが大切です。