女性

エストロゲンが体調維持に役立つ【効き目のある方法を実践しよう】

年齢を重ねて起こる変化

漢方

自然な変化と言えます

更年期とは、女性に対して使う言葉であり、閉経の前後5年間のことを指します。更年期は、誰にでも起こる体の変化と言え、思春期などとおなじようなものです。個人差がかなりあるため、一口に更年期といってもその時期も、その時にでる更年期障害という症状や体の変化は人それぞれです。卵巣の働きが30歳ごろをピークに衰えていき、50歳ごろに閉経を迎えます。これにより、妊娠出産するという機能はなくなってしまいますが、それは逆にその負担から解放されるという見方もあるのです。更年期になると、その時にホルモンのバランスが崩れることが多いため、体に様々な症状が現れます。この更年期障害を治すために、漢方などを使う人が増えているといいます。

薬で治せるのか

更年期障害と呼ばれる症状がで始めると、体には様々な変化が訪れます。例えば頭痛が続いたり、体がほてったり、体がだるくやる気がでないなどです。個人差はありますが、これによって気分が落ち込んだりすることもあります。これを解決するには漢方などの薬を使うのも効果的です。体の冷えや頭痛など日常的な症状がでるということから、体の調子を整えるという意味で漢方が使われます。すぐに効果をもたらすわけではありませんが、少しずつホルモンのバランスなどを整えることで、体の本来持っているバランス感を取り戻すのが目的です。漢方にも様々な種類がありますが、体に優しいものも多く、無理なく続けることができる、というのも一つの特徴です。