笑顔

エストロゲンが体調維持に役立つ【効き目のある方法を実践しよう】

血圧と自律神経

栄養補助食品

高血圧を避けるためには、乳酸菌・納豆菌サプリメントを摂取して、腸内環境を正常化することが大切です。そうして自律神経のバランスを整えうことで、リラックス効果が生まれ、心臓への負荷が減るため、高血圧の改善が期待できます。

読んでみよう

年齢を重ねて起こる変化

漢方

更年期になると、更年期障害と呼ばれる症状がでることが多いです。これは人によって症状が違いますが、何らかの形で不調となることが多いと言えます。この症状は漢方によって改善することが可能であり、使用する人が増えています。

読んでみよう

サプリメントと食生活

女性

大豆イソフラボンの注意点

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに近い働きを持ち、肌のハリや弾力を高めたり、ホットフラッシュなどの更年期障害を改善する効果があります。しかし、大豆イソフラボンは過剰摂取することで様々な副作用が起こることが報告されています。大豆イソフラボンの過剰摂取による副作用には、めまい、頭痛、吐き気、ホルモンの低下などがあります。大豆イソフラボンの一日の摂取量は75グラムで、そのうち30グラムまでならサプリメントで補ってもいいといわれています。サプリメントは多忙な現代人にとって便利なものですが、大豆イソフラボンに限らず一日の摂取量を守ることが大切です。適量を飲むことで効き目が現れやすくなります。

増やす方法

エストロゲンとは卵巣から分泌される女性ホルモンのことで、10代〜30代にもっとも多く分泌されます。しかし、40代になると急激に減少し、50代になって閉経を迎えるとほとんどなくなります。女性なら閉経は避けられないことですが、エストロゲンを増やすことは可能です。大豆イソフラボンやローヤルゼリーなどのサプリメントはエストロゲンの働きを補ってくれます。最近では10代や20代の若い女性でも、生活習慣の乱れやダイエット、ストレスなどが原因でエストロゲンが減少している人もいます。若い頃のエストロゲンの減少なら、夜更かしをしないで睡眠をしっかりとることや栄養のある食事を摂ることなどを習慣づけることで改善できます。

安定した血糖値の測定とは

サプリメント

糖尿病の統制において何よりも大切でありベースとなるのは血糖値のコントロールになります。 その貴重な判断材料としてヘモグロビンa1cがあります。これについては過去2ヶ月の血糖値の調整の平均を示す検査の数値です。

読んでみよう